Responsive image

こどもといっしょにおでかけしよう! 電車の博物館

鉄道の博物館や電車が見えるスポットを紹介します。

logo odekakeshiyo

全国鉄道・電車の博物館

東武博物館

東武博物館

(2013年2月 撮影)

- スポンサーリンク -

施設名 東武博物館
所在地 東京都墨田区東向島4-28-16
電話番号 03-3614-8811
営業日時 火曜日〜日曜日/10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜日(祝日の場合、その翌日)
年末年始(12/29〜1/3)
入場料 おとな:200円(団体100円)
こども(4歳から中学生まで):100円(団体50円(3歳から中学生まで)
※団体は20名以上
交通案内 東武スカイツリーライン「東向島駅」下車
駐車場 普通車:12台 大型バス:なし
WEBサイト http://www.tobu.co.jp/museum/
営業日時、料金などの詳しい情報は、変更されている場合があります。
各施設のWEBサイトをご確認ください。


- スポンサーリンク -

運行中の電車の車輪が間近で見える

曳舟駅から「東武スカイツリーライン」を使って東向島駅で下車、高架沿いに進んでいくと東武博物館があります。入場するといきなり蒸気機関車がお出迎えです。この蒸気機関車は、一日に4回運転ショーがあり、汽笛を鳴らし車輪が回転します。

関東平野の鉄道網を再現した巨大鉄道ジオラマは、東武なので当然スカイツリーがそびえたちます。このジオラマは2階からも覧られるので毎日5回あるパノラマショーのたびに別の場所で眺めるのもよいでしょう。

2階は何となく照明も暗く地味な感じの空間ですが、地味なりに楽しい展示です。駅のしごとコーナーでは切符が買えたり、普段は入れない駅員さんのいる部屋の設備を見ることができたりします。

東武博物館

(2013年2月 撮影)

東武博物館

(2013年2月 撮影)

個人的に非常に面白かったのは「ウォッチングプロムナード」です。線路高架下施設であることを生かした絶妙な視点から今運行している電車を覧られます。ちょっと窓が曇っていて見にくかったですが。

東武博物館

(2013年2月 撮影)

東向島駅ホーム

(東向島駅のホーム側から見える窓 2013年2月 撮影)

- スポンサーリンク -